月別アーカイブ: 3月 2022

令和4年度スクールソーシャルワーカー(会計年度任用職員)を募集します。

1 募集職種
熊本県スクールソーシャルワーカー(会計年度任用職員パートタイム)

2 職務内容
所属長の指揮監督の下に、概ね次の各号の職務を行う。
(1)いじめや不登校等の問題を抱える児童生徒に関する状況把握
(2)学校、家庭、関係機関等による連携ネットワークの構築及び連携のための連絡調整
(3)いじめや不登校等の諸問題についての事例対策検討会(ケース会議)の開催
(4)各関係機関等の連携による「総合対策」の構築
(5)適応指導研究指定校や学校支援アドバイザー等の活動への支援及び協働
(6)保護者、教職員等に対する支援・相談・情報提供
(7)小・中学校・県立学校における校内研修等への支援
(8)その他、スクールソーシャルワーカー配置の目的に沿い、職務を監督する者が必要と判断した業務

3 採用予定人数  若干名

4 試験の方法  書類選考及び面接試験

5 応募方法
・応募者は、以下の書類を熊本県教育庁県立学校教育局学校安全・安心推進課へ持参又は郵送すること。
・持参の場合の受付は、平日8時30分から17時15分までとなる。郵送の場合は、必ず特定記録郵便とすること。

6 応募期間
随時(募集人員に達した場合、募集を終了する)

 

詳しくはホームページをご確認ください。

IFSWヨーロッパによるウクライナ難民支援活動等への義援金募集について

ウクライナで軍事行動が開始され、情勢が著しく悪化する中、

2022年2月24日以降、150万人以上が安全を求めて国境を越え、難民となり、

ポーランド、ハンガリー、ルーマニアなどの隣国に避難を強いられています

(国連UNHCR協会、2022年3月6日現在)。

現在、多くの団体等でウクライナへの救援金や義援金等を募集していますが、

ソーシャルワーカー団体である私たち日本ソーシャルワーカー連盟(JFSW)は、

ウクライナ国境等におけるソーシャルワーカーによる難民支援のための活動費として、

JFSWが加盟している国際ソーシャルワーカー連盟(IFSW)の地域組織である

IFSW ヨーロッパ(International Federation of Social Workers Europe)に

義援金を届けたいと考えております。

つきましては、以下のとおり義援⾦を募集させていただきますので、

ソーシャルワーカー並びに関係者の皆さまのご協⼒をよろしくお願いいたします。

詳しくはこちら